Employment & Qualification / 就職・資格就職

大切なのは、卒業後も生き生きとやりがいを持って仕事ができること。
OICは学生の10年後、20年後の将来を見据えています。

長い人生の中では、就職も一つの「通過点」にすぎません。卒業し、就職するまでではなく、学生がその先も幸せな人生を送ること、それがOICの願いです。だからこそ、学生のみなさんには「内定を得る」ための就職活動ではなく、「生き生きとやりがいを持って仕事をする」ための就職活動にしてほしいと考えています。そうした思いから、OICは独自の「キャリアサポートプログラム」を全学科に導入し、学生自身が将来の夢や希望をリアルに思い描き、実現できるよう、様々な取り組みを入学直後から実施。同時に、社会人としての心構えや、社会人対応力も養成しています。

就職実績

大事なのは数字ではなく、その中身。OICは就職に対する姿勢が違います。

2017年3月卒業生実績

OICの就職実績で特に注目していただきたいのは、卒業者の9割以上が就職を希望している点。入学直後から職業理解を深め、前向きに就職活動に取り組むOICの学生は就職に対する姿勢が違います。また、OICでは正社員として就職することの大切さを伝えているため、正規雇用が多いのも特徴のひとつ。就職実績は学生一人ひとりの努力が実を結んだ結果です。

図版

※岡山県内大学の数値は、岡山労働局統計資料 平成29年3月度新規学校卒業者の就職決定状況(平成29年4月28日発表)

Check Point

就職実績の「就職決定率」と「就職希望率」の違いは? 「就職決定(内定)率」 = 就職希望者のうち、就職が決まった人数の割合 「就職希望率」 = 卒業生全員のうち、就職を希望する人の割合 ※一般的によく言われる「就職率」は、「就職決定(内定)率」を指していることがほとんどですが、本来の意味は【卒業生全員のうち、就職が決まった人数の割合】です。

就職決定率=就職希望者の人数÷就職決定者の人数/就職希望率=卒業者の人数÷就職希望者の人数

学生の就職活動を応援するOICのバックアップ体制

担任教師とキャリアサポートスタッフが連携支援

ダブルサポートシステム

学生の個性や資質を一番理解している「担任教師」と、就職活動支援のプロである「キャリアサポートスタッフ」が連携して、学生一人ひとりをきめ細かくサポートします。

長年の実績と信頼が次の学生の就職に!

県内外からの豊富な求人

これまでに10,000名以上の卒業生を輩出しているOIC。企業とのつながりを育んだ結果、毎年多くの求人が寄せられます。なかにはOICの学生をぜひ採用したいという「信用求人」もあります。

明るい環境で前向きに就職活動できる

キャリアサポート室

最新の求人票や会社案内、先輩が残した就職試験の記録など、さまざまな情報が閲覧できます。進路研究や応募書類の作成、就職相談など、いつでも自由に利用できます。

就職サポート体制

将来をリアルに思い描き、目標設定。企業が求める社会人対応力も伸ばす。

OICキャリアサポートプログラム
オープンキャンパス 保護者対象進学相談会 参加申し込みフォームはこちら