職業実践専門課程 文部科学大臣認定校 企業等との密接な連携により実践的な職業教育を行う「職業実践専門課程」。 OICの長年の実績が評価され、全学科が認定されています。

全学科が職業実践専門課程に認定されています。

より実践的な職業教育に取り組む専門学校を文部科学省が奨励する「職業実践専門課程」に、11学科が認定されています。

認定学科 ※2017年6月現在

※診療情報管理士学科・ゲームプログラマー学科につきましては、学科設置の初年度入学生の卒業後に申請予定です。

OICでの取り組み

現場実習・企業実習の全学科導入、企業セミナーの実施、校外研修などOICでは企業と連携をはかり、業界の第一線で活躍できる人材の育成に取り組んでいます。

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

職業実践専門課程とは

企業等との密接な連携により、最新の実務の知識等を身につけられるよう教育課程を編成し、より実践的な職業教育の質の確保に組織的に取り組む専門課程に与えられる文部科学大臣による認定制度です。

職業実践専門課程の認定要件

  • 企業等と連携体制を確保して、授業科目等の教育課程を編成
  • 修業年限が2年以上
  • 総授業時間数が1,700時間以上または総単位数が62単位以上
  • 企業等と連携して、演習・実習等を実施
  • 企業等と連携して、教員に対し、実務に関する研修を組織的に実施
  • 企業等と連携して、学校関係者評価と情報公開を実施